土壁

伝統構法の土壁の家です。昔ながらの竹小舞を編んで、土を塗ります。昔ながらの竹小舞を編み、土壁に適した土を塗っていきます。土壁ができる職人さんは現在大変少なくなってしまいましたが、まだいらっしゃいます。土壁という文化は、古代の日本からあったようで、法隆寺の講堂の屋根も、野地板ではなく、土壁の技法で屋根下地がつくられていたそうです。伝統技術には、長年の民族の知恵が詰まっていると思うので、少しでも多く引き継いでいけたらと思っています。自然素材の木の家づくりで考慮したい工法です。

自然素材の木の家の土壁用の竹小舞が編まれたところ

自然素材の木の家の土壁を塗っている職人さん

自然素材の木の家の土壁を乾かしている最中の外観

土壁の特性

文字通り、将来土に帰る、人にも自然にも優しい工法です。 奈良時代以前から日本に存在する、日本オリジナルといってもいいものです。四季を感じながら自然と共存して暮らす日本人に適した工法だと思います。 日本古来からある土壁は材料すべてが自然からできています。 土壁の蓄熱性や太陽高度が夏は高く冬や低いことから、軒の出のある住宅において、夏涼しく冬暖かい家となります。もう少し掘り下げて言いますと、夏は湿度を吸収し、夏の太陽高度が高いことから壁は軒の出のために日陰となり土壁が冷やされるため涼しく、冬は太陽高度が低いことから軒の出があっても壁に直接光があたり、土壁に蓄熱されることから暖かいと言われ、日本の気候風土に適した仕様といえます。 ところが、土壁の良いところはそれだけではありません。 「蓄熱」や「調湿」に加えて、「防火」や「防音」にも優れています。 また、漆喰などと同様に自然素材のため、現代大きな問題となっているシックハウスにも安心です。

土壁の良いところ

土は比重が大きいので熱を蓄える量が多く、一度蓄えた熱を放出するため、室温が安定する。 一度暖まると、換気をしても室温が下がりにくい。 温度が上がりにくいので、カビやダニに強い。 夏に湿度が下がることで涼しく感じられる。 冬場の乾燥時期にはわずか水分を吸排し、木材や室内の湿度を調節する。 土壁が湿気を吸排するため木材の腐食が発生せず木材の寿命が長くなる。 土壁は比重が大きいため音の振動をより遮断するため、遮音効果が高い。 土壁や漆喰壁などは自然素材なので環境にも人にも優しい。 土壁は壊れても水分を含ませて練り直して修復することができる。 たばこの煙や埃などの汚染物質を吸収し、放出量も少ない。

土壁の悪いところ

土壁を塗ると土壁を乾かす時間が必要になってくるので施工時間が長い。 振動や伸縮によりクラックが入ることがある。(補修可能です。) 一般的な工法より施工費が割高である。(びっくりするほど高くはありません。) 経験や技術力のある左官屋さんでないと施工が困難であるため、できる職人が限られている。

材料

基本的な材料は土と水。 それに藁スサや砂を加えます。 下塗りと中塗り、上塗りではそれぞれ材料の配合を変えます。 また下地には、柱間に水平に設けられた木の貫の上に、竹木舞と呼ばれる細くカットされた竹を格子状に編んでいきます。竹木舞が編まれた後に降り注ぐ光によって映し出される格子のシルエットは大変美しく、その上に土で仕上げるのがもったいないほどです。