古瀬間の家
1909

シンプルな平屋の家

軒の出の深い、シンプルな寄棟屋根の家です。シンプルな屋根に包まれた家は、美しいだけでなく、どこか安心感を感じます。。紅葉や新緑、雪景色などの四季折々の変化も、シンプルな家だからこそより映えて、季節の移ろいをより愉しめるのではないでしょうか。

”品”のある玄関ホール

家の大きさに関わらず、玄関や玄関ホールを広めにとることは暮らしを豊かにするヒントになります。

ただいま、と帰宅した時に、奥に美しい植栽の見える品のある玄関に出迎えられたら、気持ちよく一日が結べるのではないでしょうか?

ホーローの浴槽

浴室は質感の高いオリジナルデザインで、浴槽はホーロー製です。ホーローは高級ホテルにも使われているのですが、見た目が美しいだけでなく、保温性が高いので体の芯からポカポカになります。ホーロー浴槽はかなり重く施工費が多少割高にはなるのですが、おすすめの仕様の一つです。

土間のある家

憧れの土間のある家です。玄関から、リビングと一体となった土間へ直接入れます。土間には薪ストーブも設置され、土間空間とLDKと縁側が一体で感じられ、実際の広さより広がりの感じられる空間になっています。

ぐるぐる廻れる機能的な間取り

広い玄関ホールゾーンと水廻りゾーン、LDK+土間ゾーンの相互にぐるぐる廻れる機能的で暮らしやすい間取りになっています。平面に効率的に関連された間取り計画により、平屋の良さがより活かされたプランになっています。

建物概要

敷地面積 838.50㎡
延床面積  91.71㎡(27.69坪)
構造   木造平屋建て
所在地  愛知県豊田市
設計   永井政光建築設計事務所
施工   丸真ケンチク