施主さまの声
img_65-1

憧れの「木と漆喰の家」に素敵な庭も加わり・・・

T.N.様

いくつかのハウスメーカーを見て、「木を生かした木造の家」が夫婦共通の希望となり、最終的にハウジングセンターの中で1社に絞っていました。そんなタイミングで近くの土地が手に入り、突如家造りがスタートしました。

ハウスメーカーに連絡し、具体的な話が始まりました。注文住宅ということでしたが、実際には分厚いカタログから「選択」するかたちでの家造りであることがわかり、この建て方で理想の家になるかなとちょっと気後れしてしまいました。そんなとき、夜な夜なインターネットを見ていた妻が「外観も内装もいい感じ!」と興奮気味に言ったのが永井政光建築設計事務所でした。夫婦共通の「木を生かした木造」にぴったりですぐに連絡を取りました。

2軒ほど実際に永井政光建築設計事務所で建てた家を見学させていただきましたが、HPで見ていたよりもずっと素敵で様々な木を使った素晴らしいお宅でした。以前から見ていたハウスメーカーか、永井政光建築設計事務所か、予算やその後のメンテナンスも含めて検討していましたが、なかなか決心できずにいました。そんなとき、妻が「せっかくお家を建てるのだから色々と自分の想いを実現させたい。1回しかない家造りなのだから、その過程も楽しみたい」ということで、永井政光建築設計事務所にお願いすることにしました。ハウスメーカーとは違うため、定期的なメンテナンスや保証などどうなるのだろうかと思っていましたが、そこも含めて家造りを楽しもうと心に決めました。

最初の作業は間取り作り。こちらの意見を踏まえて永井さんが間取り図とその模型を持ってきてくれました。その第1回目の打ち合わせではどこをどのように変更したいのか、うまく伝えることができず、永井さんからは「大体良さそうと言うことなので、これをベースとして進めさせていただきます」と言われ終わりました。本当にこの間取りでいいのか、永井さんが帰った後よく見ていくと、あそこをこうしたい、ここをこうしたいと、要望がたくさん出てきてしまいました。結局打ち合わせは継続し、変更を願いしては元に戻すことを繰り返しながらやっと理想の間取りとすることができました。二転三転を繰り返してもしっかりと要望を受け入れてくれた永井さんの懐の深さを感じながら進めることができました。充分に悩ませて いただいたおかげで満足な図面に仕上がりました。

お風呂から空が見えるように坪庭に向けた大きな窓、外回りの窓には大きめの庇、道路側の屋根はギリギリまで長くしインパクトを、家の中のドアは引き戸がいい!素人発想で思い描いた家が、永井さんの緻密な設計のおかげでたくさん実現することができました。

更に木の良さを存分に感じるため、玄関には名栗加工の板や網代の天井、ダイニングとリビングの間の引き戸は麻の葉柄の組子をいれてもらいました。ダイニングのベンチやテレビ台は棟梁に作ってもらうこと、コストを下げつつも購入するより素敵なものができました。

工事中は現場が近く、育児休職を取っていた妻は毎日のように通い、図面の家が少しずつ形になっていく様子や完成後は見えなくなってしまう内側をしっかりと見せていただきました。

素晴らしい木材をお持ちの丸真ケンチクさんに建ててもらえたこと、棟梁の丁寧なお仕事ぶりに感動しました。実際に家ができあがってくると、図面ではこうなっているけど、少し変えた方がいいのでは?と言った棟梁の経験に基づく的確なアドバイスもありました。また、1番の変更は設計段階では予算との兼ね合いで諦めたもの窓を、いざ、部屋ができ、ベッドの位置なども想像すると絶対に欲しいと思ってしまい、すでに壁ができあがっていた中で作り直して頂いたことです。

完成する頃には、大阪まで行って実物を見に行った、オールステンレスキッチン。長野県へ行き、数ある中から気に入った模様を選び購入した天然石の薪ストーブ。丸真ケンチクさんからお値打ちに譲っていただいた1枚板のダイニングテーブなどが、素敵な家をより一層素敵にしてくれました。

憧れの「木と漆喰の家」に素敵な庭も加わり「外観も内装もいい感じ!」の家になりました。完成後、お友達が何人も来てくれましたが、「今までお邪魔した家の中で1番!」「自慢できる家ですね」などありがたい言葉と共に、みなさんが寛いで行ってくれます。

完成から数年が経過しました。夏には暑さをしのげる玄関前のスペースでのBBQが定番となりました。大きくした屋根のおかげで、多少の雨でも問題ありません。回を重ねるにつれ珪藻土のBBQコンロ、ポータブルピザオーブン、七輪などグッズも増えています。毎年、ご近所さんやお友達とのBBQを楽しんでいます。

コロナで暮らしは大きく変化しましたが、お家時間を楽しく過ごせることはとてもありがたく、贅沢なことであると実感しています。階段を上る度に、玄関を見上げる度に、薪ストーブの季節が訪れる度に思い出すそれぞれの物語と、一緒に作り上げた日々はこれからも宝物です。私たち家族だけでなく、訪れて下さる方々を温かく迎え入れてくれると思います。もちろん予算や構造上、諦めたこともたくさんありましたが、その都度悩み全てに理由があるわけですから、後悔ではなく良き思い出の証として感じることができます。また、これから手を加えていく楽しみとして残っているとも言えます。

設計士さんに依頼するってやっぱり敷居は高いように思うのですが、家づくりの難しさと楽しさと面白さを味わうことができたと思える今、挑戦できてよかったなと思います。

たくさんの良縁に恵まれて出来上がったこの家を、これからも大切にしていきたいと思います。

 

 

T.N.様、お手紙どうもありがとうございます。お家時間を楽しく過ごされているようで本当によかったです。秋の美しい紅葉のメールも頂きまして、四季を愉しまれているようですね。お庭でのバーベキューにもお誘い頂きましてありがとうございます。これからも、ご家族の様々な物語がこの家で紡がれていくことを祈っています。

永井政光建築設計事務所 永井 政光