各務原の切妻屋根の家
IMG_5323-30-15+8

ナチュラルな木質空間

和と北欧を融合させたようなナチュラルな木質空間です。床や建具、木の天井はきれいな無垢材を使っています。白を基調とした無垢の木を引き立たせた木質空間で、温かみのあるやさしい空間になりました。

シンプルな切妻屋根の家

シンプルな屋根形状の家はどことなく愛らしく、造形的にもかわいい雰囲気になります。一見するとありきたりな形状やサイズ感の家ですが、軒の出が深く、玄関戸や軒裏、独立柱など無垢の木が見え、そして燻し瓦の瓦屋根を葺くことにより、質感のある外観ファサードになっています。

コンパクトで暮らしやすく

コンパクトで効率的な間取りの家です。ゆったりとした玄関ホールからヒューマンスケールの気持ちいいリビングダイニングに入ります。キッチンは奥様希望の独立タイプで、真っ白な引戸の奥に設置されており、ちょっとした小窓から料理を出すこともできます。

ゆったりとした玄関ホール

コンパクトな家や小さめの家でも、玄関は少しゆったりした広さにするのがおすすめです。毎日の暮らしの外部との接点となる意外に大切な空間で、気持ちよく帰宅をするためにも計画時によく考慮したいポイントです。

燻し瓦のいぶし銀

コンパクトな家にも燻し瓦屋根はおすすめです。例えでいぶし銀という表現を度々使われますが、燻し瓦は家に落ち着きや高級感を与えます。また、耐久性も高く歴史に裏打ちされた信頼性の高い素材といえます。

建物概要

敷地面積 468.65㎡
延床面積 100.49㎡(30.33坪)
構造   木造二階建て
所在地  岐阜県各務原市
設計   永井政光建築設計事務所
施工   丸真ケンチク