「現代版ニッポンの家」へ

現代版ニッポンの家 
11
箇条

下記を考慮した家づくりをさせて頂きます。

  1. 美しいかたちの家
  2. 小粋なデザイン
  3. 世界に誇れる日本の伝統文化を考慮した家
  4. 四季のある気候風土に適した家
  5. があり、大工技術を活かした家
  6. 手に届く価格で 〜いいものがお値打ちにできる仕組みで〜
  7. 「大量生産+短工期」ではなく、「少量生産+長工期」
  8. 自然素材による健康にやさしい家
  9. 居心地のいい空間
  10. 暮らしやすい間取りは最重要事項
  11. モダンや西欧、最先端デザインも受容する

先人の知恵を見つめ直す

上記の中の「美しいかたち」「日本の伝統文化」「四季のある気候風土」を考慮するにあたってヒントとなるのが、古来の日本人がどうしていたのか、そして、どういう趣味嗜好を持っていたのか、ということです。これらを紐解き、あらためて先人の知恵を見つめ直すことが大切なのではないかと考えています。

古来の先人は、着色されていない無垢の柱を愛してきました。また、深い軒の出は雨の多い日本において大変理にかなっていますし、深い庇に覆われた縁側も多目的で大変実用的です。大きくて低くてシンプルな大屋根に包まれた家は大地と馴染み、美しいかたちの家となります。伝統的な網代や組子細工も、使いようによっては現代に通用する魅力的な素材となります

欧米の家をベースにした家や、極限までのシンプルを追求したモダニズムをベースにした家とは異なる、美しい日本の家を追求します
あなたも、「現代版ニッポンの家」に住んでみませんか?

時間をかけてじっくり丁寧に

設計、工事共、時間をかけてじっくり丁寧につくっていきます。

工事期間は、一般的な35~40坪程度の家ですと、7ヶ月程度かけさせて頂きます。大量生産型の家とは違う、いい家をつくろうとすると、どうしても必要です。設計期間は、一般的な35~40坪程度の家ですと6ヶ月程度は、かけさせて頂きます。

オートクチュールの服をつくるように、そのご家族にぴったりな家に仕立てていきます。平面計画(間取り)や空間デザインや外観デザイン、照明の種類や設置位置、コンセント位置、棚の箇所や深さなど、あげればきりが無いほど多くのことを、ご予算(費用)も踏まえてご提案しながら、一つ一つ丁寧に進めさせて頂きます。

お施主様とは、一生のお付き合いだと思っています。

完成後も、建築相談など気軽に連絡できる関係を築きたいと思っています。

家づくりの流れ

永井政光建築設計事務所に相談( 無料 )

 ※メールでも電話でも、お気軽にご連絡ください

無理のない資金計画ができるか確認

実際に建てられた家を一緒に見学 (家の雰囲気など、実体験してみる)

※必須ではありませんが、施主さまのために一度見て頂いた方が望ましいと考えています。

家づくりの進め方を確認
永井政光建築設計事務所に設計を依頼するか検討
※ここまでが無料となります

永井政光建築設計事務所に設計を依頼
具体的な要望や夢をお伺いする
施主さまにプラン提案
施主さまの希望に沿うように修正を加えながら、
何度も打合せしてプラン完成
匠の技を持つ工務店さんに見積り依頼
工事契約
一級建築士による現場チェック&役所の現場検査
竣工( お引渡し )
竣工後も、永井政光建築設計事務所と施工して頂いた工務店さんとで、アフターフォローを含めた末永いお付き合い

資金計画

一般的に総工事費に含まれない費用も含め、設計契約前に資金計画書をご提出させて頂きます。それをふまえて、資金計画やそのご予算だとどのような家ができそうか等をじっくり話し合い、双方納得した上で設計契約を結ばせて頂き、いよいよ家づくりがスタートします。

家本体の具体的な建築費や坪単価は、家の大きさや形状、仕様や敷地条件などによって大きく異なるので一概には言えませんが、大手ハウスメーカーさんと同等の費用でもHPにあるような家にさせて頂くことは十分可能です。